プログラマーが副業を考える。在宅でできること

プログラマーが副業を考える。在宅でできること 稼げるコラム

コロナ禍を機に副業を考えるプログラマーも増えてきました。しかし、いままで会社員としてしか経験がない場合、どのように自分のスキルを活かしてお金を稼げばいいのでしょうか。そこで、今回は在宅で副業を考えているプログラマーにおすすめしたい仕事とポイントをご紹介します。

プログラマーが在宅で副業を始める前に考えるべきこと

プログラマーが在宅で副業を始める前に考えるべきこと

プログラマーが在宅で副業を始めようとする場合、まず考えるべきが「毎月どのくらいの収入を目指すのか」です。昨今は大小企業問わず、サイト制作やソフトウェア製作の依頼が増えてきています。そのため、依頼を受けられるスキルがあれば、仕事はそれほど待たずしてやってくるはずです。しかし、プログラマーの仕事は引き受けることができても月1つないし2つ程度。本業との兼ね合いによっては引き受けられないこともあるでしょう。そのため、「月20万円を稼ぐ」ことを目標にした場合の作業量は前もって考えなければなりません。必ず毎月の目標額を決めて、それ以上の作業はしないようにしましょう。

プログラマーの在宅副業の注意点

プログラマーの在宅副業の注意点

プログラマーが在宅副業で例えばウェブサイトの制作を請け負うとします。一般の企業に依頼する場合の相場は40~80万円程度ですが、個人で請け負う場合は、2分1~3分1程度となります。「大手企業で働いているので」という肩書は通用しなく、個人に依頼するクライアントというのは、かなり予算が少ないことは覚えておきましょう。また、ココナラやランサーズのようなマッチングサイトで依頼主から仕事を受注した場合、運営側に手数料を20~25%程度支払わなければなりません。受注金額が高いと、手数料も馬鹿になりませんので、最初はマッチングサイトを利用しつつ、自分でホームページを作って、少しずつでいいのでネット集客に励むといいでしょう。

プログラマーの在宅副業。近年は動画配信も人気

プログラマーの在宅副業。近年は動画配信も人気

プログラマーが在宅で副業を考える場合、どうしても最初に思いつくのがウェブサイトやスマホアプリ、ソフトウェアの制作です。しかし、発想を変えて、プログラミングを必要としない在宅副業もあります。その代表が「動画配信」です。例えば下記のような動画内容は高い需要があります。

  • プログラミングスキルを上達させるポイント紹介動画
  • 初心者向けのプログラミングスクール講座
  • プログラマーが間違えやすいミスと対策
  • プログラマーになりたい人向けの、プログラマーの就活方法や仕事事情

上記はいずれも顔出しをする必要がないので、消極的な方でも声だけの出演で問題ありません。また、動画は取り溜めできる過去動画をアップする動画サイトと、生配信サイトがありますが、プログラマーの在宅副業では両方やるのがおすすめ。生配信ではプログラマーの初心者に向けて、マンツーマンで教えたり、複数の生徒を集めてオンライン予備校のように講座を開くこともできます。

生配信で生徒を集めるならこのサイト!

プログラマーなら将来独立を視野にするのも。副業から本業へ

プログラマーなら将来独立を視野にするのも。副業から本業へ

プログラマーを副業として在宅で仕事を長期にわたってこなすのは正直しんどいです。しかし、安定して仕事を毎月引き受けることができるようになれば、本業の給料以上に稼げるようになるのも時間の問題となります。アルバイトを雇ってさらに収入を上げれば、副業を本業にすることも可能。将来的には独立を視野に起業する夢もあります。是非在宅で副業を考えているプログラマーは、いっときのお小遣いではなく、将来的な視野を持って副業に望んでみてください。

プログラマーが副業を考える。在宅でできること

プログラマーが副業を考える。在宅でできること 稼げるコラム

コロナ禍を機に副業を考えるプログラマーも増えてきました。しかし、いままで会社員としてしか経験がない場合、どのように自分のスキルを活かしてお金を稼げばいいのでしょうか。そこで、今回は在宅で副業を考えているプログラマーにおすすめしたい仕事とポイントをご紹介します。

プログラマーが在宅で副業を始める前に考えるべきこと

プログラマーが在宅で副業を始める前に考えるべきこと

プログラマーが在宅で副業を始めようとする場合、まず考えるべきが「毎月どのくらいの収入を目指すのか」です。昨今は大小企業問わず、サイト制作やソフトウェア製作の依頼が増えてきています。そのため、依頼を受けられるスキルがあれば、仕事はそれほど待たずしてやってくるはずです。しかし、プログラマーの仕事は引き受けることができても月1つないし2つ程度。本業との兼ね合いによっては引き受けられないこともあるでしょう。そのため、「月20万円を稼ぐ」ことを目標にした場合の作業量は前もって考えなければなりません。必ず毎月の目標額を決めて、それ以上の作業はしないようにしましょう。

プログラマーの在宅副業の注意点

プログラマーの在宅副業の注意点

プログラマーが在宅副業で例えばウェブサイトの制作を請け負うとします。一般の企業に依頼する場合の相場は40~80万円程度ですが、個人で請け負う場合は、2分1~3分1程度となります。「大手企業で働いているので」という肩書は通用しなく、個人に依頼するクライアントというのは、かなり予算が少ないことは覚えておきましょう。また、ココナラやランサーズのようなマッチングサイトで依頼主から仕事を受注した場合、運営側に手数料を20~25%程度支払わなければなりません。受注金額が高いと、手数料も馬鹿になりませんので、最初はマッチングサイトを利用しつつ、自分でホームページを作って、少しずつでいいのでネット集客に励むといいでしょう。

プログラマーの在宅副業。近年は動画配信も人気

プログラマーの在宅副業。近年は動画配信も人気

プログラマーが在宅で副業を考える場合、どうしても最初に思いつくのがウェブサイトやスマホアプリ、ソフトウェアの制作です。しかし、発想を変えて、プログラミングを必要としない在宅副業もあります。その代表が「動画配信」です。例えば下記のような動画内容は高い需要があります。

  • プログラミングスキルを上達させるポイント紹介動画
  • 初心者向けのプログラミングスクール講座
  • プログラマーが間違えやすいミスと対策
  • プログラマーになりたい人向けの、プログラマーの就活方法や仕事事情

上記はいずれも顔出しをする必要がないので、消極的な方でも声だけの出演で問題ありません。また、動画は取り溜めできる過去動画をアップする動画サイトと、生配信サイトがありますが、プログラマーの在宅副業では両方やるのがおすすめ。生配信ではプログラマーの初心者に向けて、マンツーマンで教えたり、複数の生徒を集めてオンライン予備校のように講座を開くこともできます。

生配信で生徒を集めるならこのサイト!

プログラマーなら将来独立を視野にするのも。副業から本業へ

プログラマーなら将来独立を視野にするのも。副業から本業へ

プログラマーを副業として在宅で仕事を長期にわたってこなすのは正直しんどいです。しかし、安定して仕事を毎月引き受けることができるようになれば、本業の給料以上に稼げるようになるのも時間の問題となります。アルバイトを雇ってさらに収入を上げれば、副業を本業にすることも可能。将来的には独立を視野に起業する夢もあります。是非在宅で副業を考えているプログラマーは、いっときのお小遣いではなく、将来的な視野を持って副業に望んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました